2016年3月6日(日) vsエスポラーダ北海道@エコパアリーナ


今シーズンラスト公式戦応援記は、浜松が生んだワガママバディ(主に痩せないというワガママ)こと、あおいんぼぅがお送りいたします。

1勝1敗で迎えた全日本フットサル選手権大会予選ラウンド最終日。

相手はこれまで予選ラウンドを2勝しているエスポラーダ北海道。

直接対決の条件はこう。
2点差以上での勝利だ調子はどう?
浜松まじで北海道を打倒。
浜松まじで北海道に勝とう。
唐突なライムが決まったところでサクぱんTO-JYO-!

サクぱん隊長「なんだ、2点差でええのんか!!」

ヘィ プッチョヘンザ!!

簡単に言いますけどね?
北海道さん相手に2点差つけて勝ったことなんてあります??
こちとら地域リーグのチーム相手に負けてんねんで?

でも応援する前から負けること考えるバカがいるかよ!!!(自分にビンタ)

私の中のリトル猪木さんがね、そうおっしゃるからね、今日も今日とてMAX応援ですよ。
最後だしビッグフラッグも掲げちゃうんだから!!!

と、ワイヤー張ってあるところにビッグフラッグをくくりつけて準備万端。

選手のピッチアップ開始!!
よーっし!みんな頼むでぇーーー!

直後、選手が放ったホームランシュートがワイヤー同士をとめてあった金具に直撃し、ビッグフラッグがだるーーーんと傾くアクシデンツ発生!!
なんと不吉な…
しかし、連盟さんの迅速かつ的確な対応で、観客席に掲げるOKをいただきました。
ほんと試合前からひやっひやですぜ…

前半は両チームともに決定的なチャンスがあるも、決めきれずスコアレスのまま終了。
集中したいいディフェンス!!

飛び入り参加してたチビトラスしん君(4歳)も
「ハギの動きいいよね」
って褒めてました。
さすがしん君さん、勉強ンなります!!
しん君はアグレミーナの選手ぜーんぶ名前言えるし、なかなか的確なこと言うので将来のウナ幹部候補筆頭ですよ。

ホーム戦開場前待機列一番乗り常連兄妹(こちらの応援記参照)の妹ちゃんも
「ラッパ吹きたいな~」
って言ってたし、我が軍は安泰じゃないか!!

そして後半キッコフ。

待ち望んでいた先制点は後半残り13分、No.18小池選手からのキックインが相手選手に当たり角度をかえてそのままゴールへ!!
小池さんは非常にクレバーな選手だからきっと入射角と反射角を計算したはずなので、あれはオウンではなく、小池さんの計算済みなゴールだったと認識しております。
さすがアグレミーナ学園の博士こと、小池さんっ!

後半残り4分を切ったあたりで、2点差での勝利が必須条件の浜松がパワープレイを開始。
ただ勝つだけじゃなく、決勝ラウンドへの希望をつなぐためのパワープレイでしたが、残り1分を切ったところでなんと2回もパワープレイ返しを喰らい、まさかの逆転を許してしまいます…

そして残り2秒。浜松のキックインからのプレー開始!で、ブザーが鳴り、終わった…と思った直後、実はタイムアウトの申請だったと判明。
なななんだよ、ビビらせんなよ!
みんな終わったと勘違いしたぜ!!

そして試合再開。
よくさ、残り数秒で入れられるってやつ?アグレミーナはやられてきた側だったんだけども。
この日何度もゴールへ牙をむけたNo.23銀島選手がゴーーール!
さすがアグレミーナ学園のニューフェイス、九州のスーパーキングこと、銀ちゃんっっっ!!

ほんとこの2秒はスポーツ漫画だったらスーパースローで2週に渡って掲載されるレベルだったと思います。
アニメ化待ったなし!!

結果としては残り1分を切って逆転された時点で浜松の決勝ラウンド進出は事実上消滅したのですが、最後まで諦めない泥臭い試合が見れて感動しました!!!

が、しかし、銀島コール、銀島チャント、声を振り絞って歌うウナトラスでしたが、公式記録ではNo.22田中(充)選手のゴールでしたーっていう。
たしかにゴール前で混戦してて誰が決めた?銀ちゃん?ってなってて、さらに場内アナウンスでも「銀島選手」と言っていたのですっかり銀島選手だと思うやんか~?

みっつの有終の美ゴールだったのにまじすんません!!!!!
さっすがアグレミーナ学園の軟体ノッポさん、ごっつぁんのミツヒコこと、みっっっつ!!!

だから
「妄想ドッキドキ!アグレミーナ学園!!~彼がルースに着替えたら~」
のアニメ化お願いします。着替えシーンもスーパースローで。
※原作はかんずりさんの不定期連載ツイッター小説です。

結果、2-2のドローでしたが、北海道さんに一矢報いる…いや、一画鋲くらいは報えたかな?って。

決勝ラウンド1回戦はリーグ9連覇中の絶対王者名古屋オーシャンズ。
アグレミーナが果たせなかった決勝ラウンド進出の分もがんばって欲しい、という意味も込めてエスポラーダ北海道の選手に

「名古屋に!勝てよ!ほっかいどーーー!」

と、アツく3コールを送りました。

そしたら!なんとですね!エスポラーダ北海道No.17水上玄太選手がブログにその時の心境を書いてくださいました!!
エスポラーダ北海道選手ブログ

そんなことホイホイ書いていいのかね?こちとら超絶ミーハーぼぅちゃんだぜ…?
はいもう手遅れーはいもう好きー水上選手応援しちゃうー。

…いっけね!ここは「アグレミーナ浜松私設応援団ウナトラス」のブログだった☆

 

仕切り直して。
その後のアグレミーナコールでは、引退を発表していたNo.12石野選手とNo.22田中選手を重点的に。
そしたらロッカーに帰ろうとしていた二人がサポ席前に戻ってきてくれました!
もう、試合終了前から緩んでいた涙腺が大決壊ですよ。

じゅんじゅん、華麗なレフティとして記憶に残る選手でしたよ。
みっつ、その長い四肢を活かしたディフェンス、そしてみっつゴールどれも感動しました。

2選手の新たな門出も応援したいと思います。
じゅんじゅん、みっつ、ありがとう!!

本日のウナトラス

 

あと、ウナトラスともあろう団体が食べ物画像載せずに応援記を終えることなんてできない!!
ので、個人的にいただいたものですが食べ物画像載せとこうと思います。

2016-03-07_12.17.32

あおいんぼぅファンのみんな、ありがとーーー☆

 

最後に石野選手のツイート引用させてもらいます。

いい笑顔だね!!

今シーズンお疲れ様でした。
また来シーズンにお目にかかりましょう。あおいんぼぅでした!!